ハイソでノーブルなステイタスカード。ダイナースカードについて。

クレジットカード

ステイタスカード。

持っているだけでステータスを証明できるカードを指しますが、
その中でも特に認知度の高いカードといえば、ダイナースカードです。

職業は弁護士や医者、大企業社長、
少なくとも持ち家が無いと審査が通らないとさえ言われていたハイステータスカード
そんな話も今は昔。なんと2020年の現在初年度会員費”無料”でダイナースカードを所有出来ます。
もちろん審査も昔より大分緩くなりました。ゆるゆるです。

ということで、
今回はダイナースカードについて書いていきます。

◯ダイナースカードのキャンペーン

ダイナースカードとは、年会費2万4200円のハイステータスなクレジットカードです。
今回はダイナースカードが60周年キャンペーンということで初年度会費無料という破格の
サービスを行っているため取り上げました。

初月の年会費が無料。
これだけ聞くとキャンペーンとしては微妙な感じがします。
ちなみに今回のキャンペーンは初月の年会費無料以外には特になにもありません。
しかし、他のクレジットカードと比べて考えるとかなり破格なキャンペーンです。

例えば、クレジットカードを作ると3000円相当のポイントが貰える。
こういったキャンペーンは多くのクレジットカードで見られるものです。
しかし、ダイナースカードの初年度会費無料はいわば
24,200円分のカードの特典が利用できると考える事が出来ます。

厳密には測れませんが、24,000円分の会員特典が得られると考えれば
数千円貰えるよりよほどお得なキャンペーンでしょう。

◯無料でダイナースカードを活用できる

重要な点として、ダイナースカードはいつでも解約可能です。
つまり、会員費がかからない一年目だけ利用して、
一年経つ前に解約する。
という事も可能です。

24,000円クラスの特典を利用できるだけ利用して解約してしまう。
何も問題はありません。
ちなみに年会費無料だからといって特典に差異はありません。
ダイナースカードそのものの効力を無料期間中でも体験できます。

とはいえ、そんなみみっちい事を考えなくても
ダイナースカードの審査を突破できるハイソサエティーな方なら
会費2万数千円の会費を払い続けてもよいという体感が得られるかもしれません。

まぁ、一年で解約してしまうにしろ、そのままダイナースカードを持ち続けるにしろ
この初年度会費無料キャンペーンは等しくとてもお得なキャンペーンです。
ぜひこの機会にダイナースカードを持ってみてはいかかでしょうか。

◯ダイナースカードの審査レベル

さて、今回のキャンペーンがとてもお得であるという事は前述の通りですが、
こういったキャンペーンが受けられるのもハイステータスな人達に限られます。

とはいえ昔に比べ審査が大分緩くなったのも事実。
今や中小企業の正社員ですら審査に通ります。

審査の基準ですが、クレジットカードの審査の基準というのは基本的に
どこも公開しません。
ですので、ネット上の情報を集めた上で予測するしかありません。

ダイナースカードの審査レベルは大体このぐらいであると予想されています。

年齢:28歳以上
年収:500万以上

年齢はともかく、年収の面はそこまで難しくなさそうですね。
ちなみに年収が700万円以上あればどのような職業でも年収の項目ではパスされると言われています。

しかし、年収500万円以上。
バブル期であればほぼ全員通過してもおかしくないぐらいですが、
今の日本は30代の年収中央値が350万円と言われています。
そう考えるとダイナースカードの審査基準というのは
割と正しく、時代に則したハイステータスを定めているのかもしれません。

◯まとめ

ということで、今回はハイステータスカード、
ダイナースカードについて取り上げました。

ダイナースカード。
やはり、会計の時毎回使うものですし、
ステータスカードというのは気分がいいと思います。
年収が500万円以上ある方はこの機会に審査を受けてみてはいかがでしょう?
昔から言われている様に、
実はステータスカードというのは持つ人の人生を変える力があるのかもしれません。

何事も実際に体験する事で見れる世界が違ってきます。
24000円弱を貰うという動機でもステータスを身につけるのは悪い事ではきっとではありません。
ぜひこの機会にダイナースカードをタダで使ってみませんか?

それではよいクレジットカードライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました