ややこしい事をするとポイントが貯まったり貯まらなかったりするOrico Card THE POINTカード

クレジットカード

今回はオリエントコーポレーションが発行するクレジットカード、

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)※以後オリコカードザポイント
について書いていきます。

オリコカード、ご存知ですか?一応東証の上場企業で1000万枚以上発行されてはいますが、
いまいち知名度は高くないと思います。
知名度はあまり高くない反面、意外と使える優秀な高還元カードとなっています。
特にYahooやamazonなど、大手ECサイトでたくさんポイントが付きやすいカードです。

ちなみに、オリコカードでなく、オリコカード・ザ・ポイントの方です。
こちらの方がその名の通りポイントが付きやすいのでおすすめです。

それでは早速オリコカードについて書いていきます。

◯ポイントが貯まりやすい無料で作れるカード

見出しで言ってしまってますが、オリコカードザポイントは
無料で作れるクレジットカードです。
なんと維持費もかかりません。
発行費0円で永遠に無料で利用できます。

ただしリボ払いや分割払いの場合は、
金利手数料、借りたお金に対する金利が掛かってしまいます。
まぁ借金ですのでそこは当然仕方が所ではありますが。
他にもカードの残高を超えて使ったりしますと
このような金利手数料が掛かってきますが、
普通に使っている分にはそういった費用はかからないのでご安心ください。

そして、このオリコカードで買い物をすると、
1%のポイントが付きます。
このポイントはamazonギフトカードなど色々なカードに等価交換可能で、
実質1円と考えて問題無いでしょう。

クレジットカードに詳しくない人には感覚的に理解出来ないと思いますが、
1%のポイント還元というのはクレジットカードの中でもかなり大きな還元率です。
オリコカードザポイントは、高還元率カードの分類に入ります。

更に、オリコカードザポイントの優れた点として、
オリコモールというwebサイトを経由すると、なんと、
amazon・yahoo・楽天などのECサイトでの会計に2倍のポイントが付きます。
1%×2倍で2%ですね。
amazonなどはポイントが付きにくいと言われていますが、
このオリコモールシステムであれば、amazonでの買い物であっても2%還元が付きます。

これが、オリコカードが大手ECサイトでのポイントが付きやすいと言われる所以ですね。
ただし、一つこのシステムの欠点を上げるとすれば面倒だということ。

一々購入前にオリコモールを一度開いてから購入するのは、慣れてしまえばどうという事はありませんが、
最初の内は大分面倒です。
4Gなどで速度制限が掛かって通信速度が非常に遅いときなどは
もうオリコモールを開く手間を省いてしまう事もしばしばあります。
まぁ大した手間では無いので、ここをちゃんとするかどうかは性格の問題でしょうか。

◯不正利用に補償がついている

オリコカードには不正利用に対する補償が標準搭載されています。
もし、カードを誰かに悪用されてしまった時、
申請さえすればカード会社が損失を100%補填してくれます。

それが、数十万、数百万円であったとしても、
不正利用に対する自己負担は0円です。
クレジットカードに不安な意識を持つ方も安心してご利用ください。

◯オリコカードのデメリット

こうしてみるとオリコカードザポイントに死角などなさそうですが、
実は一点大きな欠点があります。
そこについて書いていきます。

ポイントの有効期限が短い。
これですね。
上述した通り、オリコカードザポイントで得たポイントは
amazonギフトカードなどに変換して使うのですが、
オリコカードのポイントの有効期限は一年です。

高還元率カードゆえ仕方がないと言われればそれまでですが、
ポイント失効が一年というのは中々厳しい。
一般的なクレジットカードのポイントというのは大体二年ぐらい保持されます。

それも、ポイントを取得してから厳密に一年。
他の一部のカードの様に、ポイントを取得すると更新されるといった物はなく、
古いものから順に変換しないと消えていってしまいます。

ですので、オリコカードザポイントのポイントに関しては
半年ごとぐらいにポイントに変換するのをおすすめします。

◯まとめ

といった感じで今回はオリコカードについて書いてきました。
ECサイトでポイントがたくさん付くカードでありながら、
基本還元率も1%と高還元という優秀なカードでした。

最後の項で書いた通り、ポイントの有効期限が一年と少し短いのはネックですが、
上記のメリットを考えると全然許容範囲と言えるでしょう。
ぜひこの機会にオリコカードを手にしてみてください。

それではよいクレジットカードライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました