結局のところ、一番いい高還元クレジットカードってどれなの?

クレジットカード

ポイント還元率の一番いいクレジットカードとは?

今回はポイント還元率の一番高いクレジットカードについて書いていきます。
そもそも還元率とはなにか?
還元率というのは、クレジットカードを用いて支払いをした時につくポイント、
その還元率を基に出す数値の事です。
クレジットカードの還元率は0.5%が一般的な数値となっています。
0.5%以下なら低還元率カード、それ以上なら高還元率カードといって差し支えないでしょう。

では、ポイント還元率の簡単な説明も済んだので早速ポイント還元率の高いカード
を比較しながら紹介していきます。

◯おすすめの高還元率クレジットカード

①楽天カード

言わずと知れたクレジットカード界隈では非常に高い評価を受けている楽天カード。
基本還元率が1%なのに加え、楽天市場では3%のポイントが付くという破格の
還元率を誇るクレジットカードです。

詳細は別記事で紹介していますので、
詳しくはそちらを参照して頂ければと思います。
カードの還元率を見る限り、年会費が掛かってもいいぐらいなのですが、
楽天カードは発行費・年会費が無料のうえ、入会時に数千円分の楽天ポイントが貰えます。
まさに至れりつくせり最強のクレジットカードです。

②JCB Wカード

次に紹介するのがJCB Wカード。
こちらも当サイトで個別記事を書いているので詳細はそちらで
確認していただければ幸いです。
さてJCB Wカード。
このカードは”ネット申し込み限定””39才以下の年齢制限”といった制約を課すことにより
通常のJCBカードに比べ常時2倍ポイント還元を行う事が出来ている凄いカードです。

ちなみに、なぜ制約を設ける事で還元率を上げる事に繋がるのかというと、
ネット申し込み限定にすることによる管理費用の軽減化、
そして39才以下に制限する事で…なんでしょうね。
一説によると40才以上はカード利用額が高いという事で高還元が難しい
という説もありますが詳しい事は分かりません。
まぁネット手続きによる経費削減が大きな割合を占めているとは思います。

③オリコザポイントカード

ポイントが付きやすいといえば、オリコザポイントカード
クレジットカードの名前にポイントって入ってますからね。ある意味当然です。

オリコザポイントカードは前述の通りポイント還元面において優秀で、
1%の高還元率の上、amazonや楽天、yahooショップにて2%の還元率を実現できている
稀有なカードです。

しかし欠点が2つあり、まずamazonや楽天などの大手ECで2%還元を実現するには
オリコモールというwebサイトを経由して購入しなければなりません。
結構面倒臭いですね。
一応経由しなくても基礎ポイントの1%は付くのでそこまで悪く言えませんが、
そう考えるとますますオリコモール経由するメリットが薄い様に…

そしてもう一つの欠点、ポイント有効期限が1年と短い事。
多くのクレジットカードは3年ぐらい有効期限があったり更新されてたりするのですが、
このカードは有効期限一年で、ポイントの期限が更新されることもありません。
有効期限が短いのは高還元クレジットカードの宿命と言えますが、にしても短い。
一年経ってしまう前にポイントを使ってしまう様に意識して活用しましょう。

④リーダーズカード

知名度の低いカードですが、リーダーズカードは高還元率カード一つです。
今回挙げた中では唯一の年会費が必要になるカードですが、
利用額にっえ年会費を無料にすることが出来るので、
カード利用額が大きい人におすすめです。

具体的にどのぐらいの額かというと2020年時点では年間利用30万円以上で
年会費が無料となります。
年間利用30万円といわれると非常に達成が困難の様に思えますが、
家賃などをリーダーズカードで設定すると低所得者の方でも簡単に
年会費無料にすることが出来ます。
色々工夫が出来るカードなので上手く活用出来るといいかもしれません。

⑤ライフカード

ライフカードは誕生月にポイントが付きやすいカードとして有名です。
当サイトでも過去に個別記事でライフカードを取り上げています。
基礎還元率が0.5%~、誕生月に3倍ポイントというカードですが、
正直な所、誕生月以外は微妙です。
ライフカードはステージというシステムで基礎ポイントが変化するので、
ライフカードでの利用額が大きな人にはオススメですが、
基本的には誕生月だけライフカードを使う…といった活用方法をオススメします。

この様な感じで高還元率カードを紹介しましたが、
高還元率カードをややこしくせしめる原因が一つあって
昔は1ポイント=0.1円の様な、
付与されるポイントは高いのに換金するとめちゃくちゃ目減りするという
悪質と言えば悪質なクレジットカードもありました。
それにより、クレジットカードのポイントはあてにならないという印象を
持った人も多いです。
しかし今はそういったクレジットカードはポイントが修正されたり、
カード自体が失効したりしています。
やはりこういった虚業的な手法は敷延しないものですね。

◯まとめ

という事で今回は高還元クレジットカードについて書いていきました。
クレジットカードも色々ありますが、結局のところどうなの?と聞かれると
上記のカードをオススメします。
有名どころのカードが少ない感じですが、
これも理由があり、UFJカードなど知名度があるカードは高還元のサービスをする必要が無いからですね。
大手携帯会社の携帯料金が馬鹿みたいに高く、格安SIMを提供しているところが安く携帯料金を設定しているのも
こういった理由から、知名度による契約者数の問題からきています。

あと、高還元率カードに共通して言える問題点として、ポイントに有効期限が設定されている事です。
ポイントを意識しない人のポイントが失効されるからこと、きちんとポイントを意識する人が得するので
構造的に文句は言えませんが、有効期限に関しては注意を払わなければなりません。
クレジットカードを選んだ際は、そのカードのポイント有効期限をぜひご確認ください。

といった感じで今回はここで筆を置きたいと思います。
みなさんも高還元率クレジットカードでよいクレジットカードライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました