海外旅行におすすめのクレジットカードについて考えてみた。

クレジットカード

今回は海外旅行でおすすめなクレジットカードについてです。

海外旅行。いいものですね。
私は台湾に一度行った事があるだけですが、
異国文化に触れるというのは固まった価値観を壊してくれるので良い体験でした。
ですが、国を跨ぐといくつか課題がありその一つとして通貨が違う点が挙げられます。
通貨の両替は結構難しく、現地の両替所だと酷く低レートで交換されたりします。

しかし、世界各国に加盟店を持つクレジットカードなら?
現地の商店であっても、もちろんそのカードで支払いが可能です。
全額現金で持つ必要も無いので現地の交換所で大損したりすることもありません。

更に、クレジットカードの重要な点が、多くのクレジットカードには海外旅行保険が付いているという事。
それも海外旅行に強いクレジットカードなら猶更のこと。
カードによっては手厚い保険に加え、空港での特典など色々ついてきます。
詳細は以下本編で詳しく書いていきます。

という事で、今回は海外旅行で優秀なカードについてピックアップして書いていこうと思います。

楽天プレミアムカード

海外旅行でおすすめなカードNo.1は?
そういった問いには楽天プレミアムカードがまず挙がります。
このカードの強みはなんといっても、空港で使える
プライオリティパスがタダになる事。

プライオリティパスをご存知の方はこれがどれほど破格な事か伝わるかと思います。
プライオリティパスとは、会員限定の特別な休憩所を使う事が出来るパスです。
ちなみに、このプライオリティパスを普通に購入すると429ドル、大体年/5万かかります。
楽天のプレミアムカードは年会費1万円です。
率直に言って値段設定がおかしい。

プライオリティパスの代わりに楽天のプレミアムカードを作れば4万円得する。
そのレベルで楽天プレミアムカードは海外旅行面に力を入れています。
もちろん、海外旅行損害保険も付いているので安心です。

利用するのに年5万円かかる会員カードが必要な休憩所とはどんなものかというと、
例えばお酒、ソフトドリンク、更には料理まで色々な食事が無料で提供されています。
他にもゲームが置いてあったり、仮眠室があったり、多種多様なサービスが提供されていたりと、
年5万円取るに値するサービスが受けられます。
詳しく知りたい方は、旅行先で利用する空港名+プライオリティパスで検索すると
その空港でどういったサービスが提供されているか調べる事が出来ます。

ぜひ楽天プレミアムカードを作成してプライオリティパスなど
海外旅行で使える特典を利用してみてください。

MUFGカード・プラチナアメックス

次に紹介するのがこのMUFGプラチナアメックス。

このカードはアメックス提携なので使えない店も多いです。
ただし、今カードには多少のデメリットを覆す素晴らしいサービスが付帯しています。
それが”プラチナ・コンシェルジュサービス”
24時間365日、海外での諸問題に日本語で対応してくれます

“プラチナ・コンシェルジュサービス

国内・海外でのレストランのご予約、海外のミュージカル等のチケット手配、
さらに海外でのトラブルや急な病気などの緊急時のご支援まで、専任のスタッフが24時間365日、
プラチナ会員様のご相談やご要望にお応えするコンシェルジュ・サービスをご用意しております。”

そして、海外旅行に強いプラチナカードですので当然のようにプライオリティパスが無料になりますし、
飛行機が遅延した時は航空機遅延保険が適応されたりします。
他にも様々な海外旅行での特典が用意されているおすすめのカードです・

学生専用ライフカード

クレジットカードには審査があり、中々上述のカードを学生が取るのは難しいですよね。
世の中は高学歴時代、ほとんどの学生が大学まで就学します。
となると、22才ぐらいまでは大体が学生で、そして重要な点として
働きはじめたら海外旅行に行く暇が無い。という事です。

学生の内ぐらいしか海外旅行に行くことが無い。
しかし、カードの審査は通らない。
そんな時に有用なのが”学生専用ライフカード”です。

このカードの魅力は海外で利用する際のキャッシュバックが極めて大きい所です。
キャッシュバック率が3%。一万円の物を買ったら300円返ってきます。
そしてもちろん海外旅行損害保険も付いてきます。
ただ、損害保険に関しては上述のカードに比べ少し見劣りします。
具体的には、海外での事故に対して最高2000万円まで補償されます。

まぁ、若い学生ですから事故ってもなんとか2000万円で治療できる範囲に、
受け身とかガッツを使って怪我を軽減して頂ければと思います。

三井住友カード

海外で使うカードを、一般的な周知度合で考えると、三井住友カードが一番周知されていると思います・
ブランディングの通り、三井住友カードは海外のどんな地域でも大体使えます。
もちろん海外旅行損害保険は当然三井住友カードにも付帯しています。

しかし、その額が少し微妙で学生専用ライフカードと同じ最高2000万円補償です。
特典の内容で選ぶなら楽天プレミアムカードの方がおすすめですね。
まぁ既に三井住友カードを持っていてそれを利用したいとか、
2000万円の保険でも大丈夫だろうと判断した人や、俺は事故らないという
確固たる自信がある人にはおすすめのカードです。

ちなみに、盗難など海外トラブルで活用できる保証もいくつかついているので
初めての海外旅行などでは三井住友カードが上手く活用できると思います。

海外旅行損害保険について

この記事では繰り返し記述している海外旅行損害保険。
なぜこんなに保険について強調しているのか、
カード会社が保険を用意しているのか。

それは海外だと病院の治療費がべらぼうに高いからです。
国民皆保険制度が浸透している日本では感じにくいですが、
治療費というのは本来高いもので海外でちょっとした治療などをすると、
それだけで数百万、数千万円の請求をされる事すらあります。

そんな自体は避けたいですよね。
というか、海外に行く上でこういった保険は必須です。
生命保険などとは違く、事故にあう確率、費用請求のリスクを勘案すると
海外保険はローリスクハイリターンと言えるでしょう。
必ず海外旅行の際は海外保険を掛けておくことが重要です。
ただ一々手続きをするのも面倒なので、クレジットカードを持つ方が当サイトとしても
おすすめできる方法です。

◯まとめ

ということで、今回は海外旅行で使えるクレジットカードについて書いてきました。
まぁただ、正直な所コロナ禍の現状いつ旅行になんて行けるのか、
そういった懸念もありますが、いつか日常が戻ってきたときにこういった情報が
役立てばいいなと思っています。

ということでよいクレジットカードライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました